この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

2015年03月

サントリー対キリン

サントリー対キリン

  • 作者:永井 隆
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014-11-22

読書メモ

2014年11月刊。
キリンとサントリー、両社の特徴と戦略の比較。
両社の歴史を振り返りながら、それぞれの過去と現在の立ち位置、そしてこれからの戦略が丁寧に語られている。

私も大好きなビール「ハートランド」(キリン)は、元々は同名のビアホールのみで提供されていたものだったとは。

中でも興味深かったのは、以下の2点。

  • ビール類の税金の高さ
  • キリンビバレッジ社長 佐藤章 さんのリーダー論

ビール類の税金の高さは、今まであまり意識したことがなかったけど、他の国に比べて日本のビール税は高いそうだ。
350ml 缶で、約3分の1は税金なのだとか。高いなあ。
最近、各社が「第3のビール」から、高い「ビール」に回帰しているのも、このビールの高い税率が背景にあるとのこと。


引用メモ

世界のなかでも日本のビールの税金が高いのは、戦費調達という歴史的な役割があったためだ。戦後となり、戦費調達の必要性はなくなったのに、高額なビール税だけはなぜか残っている。(p.99)
一番搾りをコアとする強化策への転換の背景には、増税の動きがある。 キリンが強みをもつ家庭用の発泡酒と第3のビールは酒税が低い。350ミリリットル缶で比較すると、ビールは77円、発泡酒は47円、第3のビールは28円だ(14年11月現在)。(p.192)
財務省は、ビール類の3つ、および(中略)アルコール飲料の税率を、将来はひとつにしていく考えをもっている。ビール類ならば、ビールは下げ、第3は上げるという方向だ。(キリンはビールの比率が他社よりも低いため)税制改正が実行されてしまうと、キリンは不利になる。(p.193)

サントリー対キリン

永井 隆 日本経済新聞出版社 2014-11-22
売り上げランキング : 15212
by ヨメレバ


読書メモ

2014年11月発行。ソロ活動から20年を語る奥田民生。
意外にも文字ばかりで、真面目な内容。
しかもかなりのボリューム。でも読みやすい。

インタビュー形式ではなく、気取らない独白調な文章なのがまたいい。
ユニコーン解散から今までの出来事を丁寧に振り返りながら、淡々と語っていく。

『イージュー★ライダー』はホントいい曲ですよねー。

『すばらしい日々』でユニコーンを知って、「このバンドいいじゃん!」と思った矢先に解散してしまったという、学生時代の出来事を思い出した。


引用メモ

よく「マイペースですよね」って言われるんですが、自分では全然、マイペースだとは思ってなくて。(中略)
呑気に見えるってだけでしょ。それって、絶対顔ですよ(笑)。THE BOOM の宮沢(和史)みたいな顔は呑気に見えないもん。(p.77)
広島で生まれ育ったのはけっこう大きいんじゃないのかな。アンチ巨人というか、王道じゃないものが好きだったりする性格もたぶん、広島で培われている気がする。(中略)海も山も近いのはいいよね。しかもどれも小じんまりとしている。海も太平洋じゃなくて瀬戸内海だし、山もそんなに高くない。その手頃な感じがいい。(p.149)
僕はスポーツはいろいろ好きなんだけど、野球が一番スポーツらしくない気がする。他のモノはだいたいもっと動き回っているじゃない? しかもあんなに一人ずつに無理矢理スポットを当てるスポーツもない。1番、2番、3番って一人ずつ、一応役割を担ってて、はいどうぞ、はい次って、なんか不思議なスポーツだなと思う。(p.202)

ラーメン カレー ミュージック (別冊カドカワの本)

奥田 民生 KADOKAWA/角川マガジンズ 2014-10-21
売り上げランキング : 16353
by ヨメレバ


読書メモ

2014年2月刊。
やや、会社の職制や指導役の人向けに書かれている本。
冒頭のパワハラの判例や事例紹介が、特にそう思わせた。

怒って「他人を変えよう」とするのではなく、怒りやすい自分の方を変える、というのがポイント。
『イライラしがちなあなたを変える本』の安藤俊介さんの本に比べると、ちょっと固い印象。


引用メモ

人は、感情をより強く出すことで自分を表現しようとし、怒っていることが伝わらないと感じたら、余計に怒鳴ります。
それは「怒ればなんとかなる」「怒鳴ったほうが相手に響く」と信じているからです。(p.74)
アンガーマネジメントでは、「他人を変えよう」を目指しません。
怒りのマネジメントに取り組むうえで、変えるのは「自分自身」です。
いかに自分をイライラさせずにセルフマネジメントするか。
他人を変えなくても、自分が穏やかな人間に変わることで、結果的に周囲に好影響をもたらすかもしれません。(p.75)
反射的に怒ってしまう人は、自分をコントロールできない人に見えます。
怒ると、言い方が冷静さを失い、伝えたい真意も違った意味に聞こえてしまいます。(中略)
仕事と信用を失わないためにも、他人の怒った姿を教訓にしましょう。(p.87)
コアビリーフとは、「価値観の辞書」と日本アンガーマネジメント協会では説明をしています。つまり、怒るか怒らないかの自己の判断基準となり得るものです。(p.96)
私たちがイライラする理由、怒る理由は、自分の信じている「べき」が目の前で裏切られたときです。(p.97)

パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門: 怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる! 成果が上がる!

小林 浩志 東洋経済新報社 2015-02-14
売り上げランキング : 3087
by ヨメレバ


読書メモ

2015年2月刊。
地図に詳しい今尾さんが、珍しい地名の場所を訪ねて、その名前の由来を聞きに行った散歩録。

今尾さんの本にしては地図が少なくてさみしいな…と思っていたら、暖かみのあるほのぼのした文体に癒やされながら、楽しく読んだ。

「談合坂」も、言われてみれば確かに珍地名。


引用メモ

(名古屋市営地下鉄の)名城線は日本の地下鉄では唯一環状運転を行っている路線で、特筆すべきなのはJR山手線や大阪環状線のように「内回り」「外回り」というわかりにくい用語を使わず、「右回り」「左回り」にしていることだ。内回り外回りという言葉は実に不便で、「左側通行だから、えーとどちらを走るんだっけ」という思考を利用者に強いる。(p.56)
低湿地は江戸のゴミ捨て場でもあり、それに運河を浚渫した泥も加わり、それらが積み上げられたところに町場が築かれている。
付け加えれば、江戸時代のゴミはすべて土に還るものなので、現在のプラスチックとかビニール混じりの金属片といった厄介なものは一切ないから、よほど環境に優しかったに違いない。(p.111)

ふらり珍地名の旅 (単行本)

今尾 恵介 筑摩書房 2015-02-19
売り上げランキング : 514118
by ヨメレバ


読書メモ

2014年12月刊。
ストーリー仕立ての自己啓発本。400ページ強の大作。

2巻よりも最初の原点に戻った感じで、自己啓発度がアップしてます。
ガネーシャの個性もキツすぎず、読んでいて楽しかった。終わり方が好き。


引用メモ

「ずっと赤字やったら自分が潰れてまうからな。でも、なんで潰れたらあかんのや? それは、自分が潰れたら、もうお客さんを喜ばせられへんようになってまうからや。せやから『何がなんでも儲けたい』ちゅう考えと『お客さんのために儲けを出したい』ちゅう考えは違うんやで。お客さんを喜ばせるために値段は下げてあげたい。でも仕事続けていくために利益は出さなあかん。そのジレンマに悩むんが、商売のあるべき姿やねん。」
「ワシ、何べんも言うてるやろ。成功するだけが人生やあらへん。夢かなえるだけが人生やあらへん。(中略)この世界はな、自分がどこまで『知る』かを、自分で決められるようにできてんねん」(p.326)
「自分は、頑張ることで今まで知らへんかった世界を知ったんや。せやから、今まで気づけへんかった世界の素晴らしさにも、気づけるようになったんやで」(p.333)
「一度自分のやり方を捨て、うまくいっている人のやり方を徹底的に真似る」
これは成長する上で本当に大切な習慣だと思った。人は、自分の考えとは違うやり方に対してつい批判的になってしまう。その理由は、今の自分のやり方を変えるのは、すごく面倒なことだからだ。でも、思い切って自分の考えを捨てて新しいやり方を取り入れると、最初のころは想像もしなかったような大きな成長を手にすることができる。(p.399)

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

水野敬也 飛鳥新社 2014-12-20
売り上げランキング : 1965
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ