この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

2015年04月


読書メモ

2015年4月刊。
昔から存在する「道路」に注目して、多摩地域の各市町村について、明治初期と現在の地図で比較して、その移り変わりを味わう本。

多摩地区在住の自分には、土地勘のある場所が多くて、とても面白い。
すべての市町村で、過去の現在の2枚の地図が欠かさず載っているのもうれしい。

驚くのは、昭和初期の八王子の街の「巨大」っぷり。
昭和10年の立川の地図では、駅の北側の一部だけが街で、他は一面の桑畑だと言うのに、昭和5年の八王子の地図では、駅周辺にすでに巨大な街が形成されていて、その大きさにはただただ驚くばかり。

大正10年の時点で、多摩川にかかる橋は、東海道線より上流では、鉄道橋は日野まで、道路橋は青梅まで、ひとつも橋がなかったなんて、信じられない。

また、「街道名は本来『行き先表示』が原則」という解説には、大いに納得。
以前から疑問に思っていたことが解消しました。
今でも「八王子街道」は八王子には無いですもんね。


引用メモ

逆に目的地・大山からの視点で考えてみると分かりやすいが、大山からいろいろな方角に延びる道をすべて「大山道」と読んだら区別がつかないので、おそらく平塚道、江戸道などと呼んでいたに違いない。現在では道路の名称を1つに固定する傾向があるので、国道20号が神奈川県から甲斐国に入っても甲州街道と称しているようだが、本来それはおかしいのだ。(p.9)
ちなみにこの種の道(立川の江の島道など)は、終点までその道が通じているというのではなく、江の島道であれば、そちらへ行く人はこの道を利用する程度の意味である。(p.49)
街道名というのは、鎌倉へ向かう道はどれも「鎌倉道」であったように、最初はあまり移動しない地元の人がミクロの視点でそれぞれ呼んでいたため、場所により時代により異なるのは当たり前で、しかも交通の流れの変化も受けて変遷は著しかった。それが行動半径の飛躍的に広がった近代を迎えて徐々に固定化していったのである。(p.93)
現在では府中市内でも府中街道と呼ばれているのだが、街道名は本来「行き先表示」が原則であり、かつては川越街道と称した。(p.134)
この頃(明治26年)の多摩地域で都市らしい場所と言えば八王子が唯一の存在で、隣の(中略)といった町とは比較にならないほどの規模をもっていた。(p.58)
多摩川から採取された膨大な量の砂利が近代都市・東京のビルや鉄道の高架を今も支え続けているわけで、都心の高架を見上げながら、数万年前に大菩薩峠あたりにあった岩が流れ流れて今ここに留まっているのだなあ、などと考えれば日常の些事は気にならない。(p.93)

地図でたどる多摩の街道――30市町村をつなぐ道

今尾恵介
けやき出版 2015-04-01
by ヨメレバ


読書メモ

2015年2月刊。
人間や動物がどうやって視界から立体感を得ているのか、その仕組みをいろいろな視点から見ていく本。

難しいけど面白い。
「単眼立体視」という言葉があったとは知らなかった。
後半はかなり難しくなってくるが、「はじめに」に書かれていたようにスキップしながら読んだ。


引用メモ

集合写真を撮ると、たいてい一人か二人、顔が半分、前に立つ人に隠れて写っている人がいるものだ。このような人は、隠れた側の目を使っておらず、もう一方の目だけでカメラを見ているため、自分とカメラの間に前の人が割って入っていることに気づいていない。集合写真に参加するときには、左右の目を交互につむって、どちらの目で見てもカメラが見えることを確認するようにお勧めする。(p.17)
本書の紙面と目の中間位置に、指を開いて手をかざしてみる(中略)指が紙面の手前にあるにもかかわらず、文章のほとんどを読み進むことができる。ところが、片目をつむると指がじゃまをして、読めないところが出てくる。両目を使うことで、片目では見えない指の向こう側が透けて見えるのである。(p.88)

脳がつくる3D世界:立体視のなぞとしくみ (DOJIN選書)

藤田 一郎
化学同人 2015-02-20
by ヨメレバ

2日で人生が変わる「箱」の法則

2日で人生が変わる「箱」の法則

  • 作者:アービンジャー・インスティチュート
  • 出版社:祥伝社
  • 発売日: 2007-09-06

読書メモ

2007年刊。相手と敵対しない「平和な心」の作り方。
敵対の原因は、ゆがんだ自己正当化の悪循環。

前書の緑本自分の小さな「箱」から脱出する方法を先に読むのがおすすめ。

前書での「自己欺瞞」という言葉は、「自己正当化」という分かりやすい表現になっていたけど、やっぱりちょっと難しく感じた。
登場人物が多くて(しかも覚えにくい外国人の名前)、民族問題など自分にあまり馴染みのない内容が多かったのが、難しく感じた原因かも。


引用メモ

私たちは仲間を集めるんです。自分の批判的な見方を正当化してもらいたくて。(p.78)
正しいことだという自分の気持ちに反した行動を、私たちは『自分への裏切り行為』と呼んでいます。(中略)自分自身にそむくということは、闘争へ向かうということなんです。(p.122)
心が敵対的なとき、他人の過ちを誇張しがちです。(中略)また、自分と非難する相手との違いを誇張しがちです。共通点があるとはあまり見なさない。現実は、共通点がたくさんあるのですがね。
また、自分を正当化してくれるものを誇大に重要視しがちです。(中略)自己正当化が必要なときは、正当化してくれるものは何でもたちまち著しく重要なものになる。(p.141)
私たちは自分にそむいたとき、さまざまな正当化をします。例えば、自分を人よりも優れた存在だと見なすやり方をするかもしれない。自分は優秀であると思えば、多くの罪悪の言い訳をすることができる。自分は手に入れていないものを得る権利があるという自己正当化をするかもしれない。(p.142)
自分の気持ちにそむけば、たちまちそれを正当化するような見方で世間を見はじめる。同時に、ものの見方も生き方もゆがみはじめ、それを正当化する必要が生まれるのです。(p.173)
箱に閉じ込められていると気づくのは、ある人に対する考え方、感じ方が、別の人に対するのと違っているのに気がつくからです。違いが自分の内部にあるから、それがわかる。(p.230)

2日で人生が変わる「箱」の法則

アービンジャー・インスティチュート 祥伝社 2007-09-06
売り上げランキング : 6672
by ヨメレバ


読書メモ

2015年3月刊。
長年愛され続けている定番の家庭用アイスクリーム13種類の商品開発物語。

自分が好んで食べているアイスの話は、ところどころ面白い。

20〜30年続いている商品が多かった。
カリカリの三角コーンが特徴の「ヨーロピアンシュガーコーン」(クラシエ)、コーンの内側に吸湿防止のチョコレートコーティングが施されているとは知らなかった!


引用メモ

アイスクリームは、アイスクリームミックスと空気を混ぜることで、冷たく凍っているのにソフトでなめらかな口あたりが生まれる。アイスクリームミックスに同体積の空気を1対1の割合で混ぜ合わせた場合のオーバーラン(空気の混合割合)は100%となる。アイスクリームの一般的なオーバーランが60〜100%なのに対して、ハーゲンダッツは20〜30%。一般に低いとされているものより、さらに低い。それだけ濃厚な、重みのある味となる。(p.88)
高級ブランド、人気ブランドという言葉をよく耳にするが、「ブランド」はもともと、牛などの家畜に焼印を押すことが語源。家畜を見分けるための目印である。そこから自社の商品やサービスを他社のものと区別するための名称、イメージなどを言うよりになり、いまや消費者の評価の尺度にもなっている。(p.120)

変革のアイスクリーム---「V字回復」を生んだ13社のブランドストーリーに学ぶ

新井 範子 ダイヤモンド社 2015-03-20
売り上げランキング : 297114
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ