読書メモ

2015年4月刊。
地図(特に国土地理院発行の「地形図」)を読む上で、知っているとより面白く読める知識が満載。
地図の表現方法や、地形と地名の関連性、などなど。

地図の等高線は、空中写真の立体視を使って描く、というのには驚いた。
ご多分に漏れず、私も等高線を読むのは苦手です。


引用メモ

私は基本的に地形図マニアである。なぜかと言えば地形図というものは、本文にも書いたが「景色が見える地図」という側面に大きな魅力があるからだ。どこに何があるかという情報に加えて、そこにどんな景色が広がっているかも表現する。まるで総合芸術のような媒体であり、地図の究極の進化系といっても差し支えない。その地形図が、どんな語り口で現地の様子を伝えてくれているかを解説する、というのが本書の大きな目的である。(p.6 はじめに)
地図の業界では「1万分の1」ではなく「1万分1」という表記を使う。これは国土地理院のホームページなどをご覧いただければわかるが、戦前から「二万五千分一地形図」のように長らく続いてきた伝統的な表記である。読み方は(中略)「いちばんぶんのいち」で今と同じなのだが、業界人の中には「いちまんぶんいち」と文字通りに読む方もおられる。(p.75)
素人考えだと、海面は世界中どこでもつながっているのだから一定ではないかと思ってしまうけれど、実際には各地で相当に異なっていて、たとえば日本海側は太平洋側より最大数十センチ高い。(p.83)
現在の等高線は空中写真の実体視(立体視)によって描く。(中略)隣接した写真を図化機という専用の機械に入れると立体的に見えるようになっていて、しかも実際よりも凹凸は過剰に利くようになっている。これは高速で移動する飛行機で撮影したため「右目」と「左目」の画像が実際に空から見るより離れているためだが、結果的に微細な起伏を見逃さないためのうまい仕掛けになっている。(p.98)

地図入門 (講談社選書メチエ)

今尾 恵介
講談社 2015-04-11
by ヨメレバ