2日で人生が変わる「箱」の法則

2日で人生が変わる「箱」の法則

  • 作者:アービンジャー・インスティチュート
  • 出版社:祥伝社
  • 発売日: 2007-09-06

読書メモ

2007年刊。相手と敵対しない「平和な心」の作り方。
敵対の原因は、ゆがんだ自己正当化の悪循環。

前書の緑本自分の小さな「箱」から脱出する方法を先に読むのがおすすめ。

前書での「自己欺瞞」という言葉は、「自己正当化」という分かりやすい表現になっていたけど、やっぱりちょっと難しく感じた。
登場人物が多くて(しかも覚えにくい外国人の名前)、民族問題など自分にあまり馴染みのない内容が多かったのが、難しく感じた原因かも。


引用メモ

私たちは仲間を集めるんです。自分の批判的な見方を正当化してもらいたくて。(p.78)
正しいことだという自分の気持ちに反した行動を、私たちは『自分への裏切り行為』と呼んでいます。(中略)自分自身にそむくということは、闘争へ向かうということなんです。(p.122)
心が敵対的なとき、他人の過ちを誇張しがちです。(中略)また、自分と非難する相手との違いを誇張しがちです。共通点があるとはあまり見なさない。現実は、共通点がたくさんあるのですがね。
また、自分を正当化してくれるものを誇大に重要視しがちです。(中略)自己正当化が必要なときは、正当化してくれるものは何でもたちまち著しく重要なものになる。(p.141)
私たちは自分にそむいたとき、さまざまな正当化をします。例えば、自分を人よりも優れた存在だと見なすやり方をするかもしれない。自分は優秀であると思えば、多くの罪悪の言い訳をすることができる。自分は手に入れていないものを得る権利があるという自己正当化をするかもしれない。(p.142)
自分の気持ちにそむけば、たちまちそれを正当化するような見方で世間を見はじめる。同時に、ものの見方も生き方もゆがみはじめ、それを正当化する必要が生まれるのです。(p.173)
箱に閉じ込められていると気づくのは、ある人に対する考え方、感じ方が、別の人に対するのと違っているのに気がつくからです。違いが自分の内部にあるから、それがわかる。(p.230)

2日で人生が変わる「箱」の法則

アービンジャー・インスティチュート 祥伝社 2007-09-06
売り上げランキング : 6672
by ヨメレバ