読書メモ

2014年11月発行。ソロ活動から20年を語る奥田民生。
意外にも文字ばかりで、真面目な内容。
しかもかなりのボリューム。でも読みやすい。

インタビュー形式ではなく、気取らない独白調な文章なのがまたいい。
ユニコーン解散から今までの出来事を丁寧に振り返りながら、淡々と語っていく。

『イージュー★ライダー』はホントいい曲ですよねー。

『すばらしい日々』でユニコーンを知って、「このバンドいいじゃん!」と思った矢先に解散してしまったという、学生時代の出来事を思い出した。


引用メモ

よく「マイペースですよね」って言われるんですが、自分では全然、マイペースだとは思ってなくて。(中略)
呑気に見えるってだけでしょ。それって、絶対顔ですよ(笑)。THE BOOM の宮沢(和史)みたいな顔は呑気に見えないもん。(p.77)
広島で生まれ育ったのはけっこう大きいんじゃないのかな。アンチ巨人というか、王道じゃないものが好きだったりする性格もたぶん、広島で培われている気がする。(中略)海も山も近いのはいいよね。しかもどれも小じんまりとしている。海も太平洋じゃなくて瀬戸内海だし、山もそんなに高くない。その手頃な感じがいい。(p.149)
僕はスポーツはいろいろ好きなんだけど、野球が一番スポーツらしくない気がする。他のモノはだいたいもっと動き回っているじゃない? しかもあんなに一人ずつに無理矢理スポットを当てるスポーツもない。1番、2番、3番って一人ずつ、一応役割を担ってて、はいどうぞ、はい次って、なんか不思議なスポーツだなと思う。(p.202)

ラーメン カレー ミュージック (別冊カドカワの本)

奥田 民生 KADOKAWA/角川マガジンズ 2014-10-21
売り上げランキング : 16353
by ヨメレバ