読書メモ

2014年12月刊。
ストーリー仕立ての自己啓発本。400ページ強の大作。

2巻よりも最初の原点に戻った感じで、自己啓発度がアップしてます。
ガネーシャの個性もキツすぎず、読んでいて楽しかった。終わり方が好き。


引用メモ

「ずっと赤字やったら自分が潰れてまうからな。でも、なんで潰れたらあかんのや? それは、自分が潰れたら、もうお客さんを喜ばせられへんようになってまうからや。せやから『何がなんでも儲けたい』ちゅう考えと『お客さんのために儲けを出したい』ちゅう考えは違うんやで。お客さんを喜ばせるために値段は下げてあげたい。でも仕事続けていくために利益は出さなあかん。そのジレンマに悩むんが、商売のあるべき姿やねん。」
「ワシ、何べんも言うてるやろ。成功するだけが人生やあらへん。夢かなえるだけが人生やあらへん。(中略)この世界はな、自分がどこまで『知る』かを、自分で決められるようにできてんねん」(p.326)
「自分は、頑張ることで今まで知らへんかった世界を知ったんや。せやから、今まで気づけへんかった世界の素晴らしさにも、気づけるようになったんやで」(p.333)
「一度自分のやり方を捨て、うまくいっている人のやり方を徹底的に真似る」
これは成長する上で本当に大切な習慣だと思った。人は、自分の考えとは違うやり方に対してつい批判的になってしまう。その理由は、今の自分のやり方を変えるのは、すごく面倒なことだからだ。でも、思い切って自分の考えを捨てて新しいやり方を取り入れると、最初のころは想像もしなかったような大きな成長を手にすることができる。(p.399)

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

水野敬也 飛鳥新社 2014-12-20
売り上げランキング : 1965
by ヨメレバ