この本 この行

そのやり方は、それまでわれわれが学び、実行していた方法とは全く違っていた。われわれのやり方は地図上に定規で線を引き、折れ曲がる地点に円弧定規でカーブを挿入する方法だった。(中略)ところがドルシュ(ドイツから来た道路計画の専門家)は(中略)等高地図上にフリーハンドで線形を描けという。そして、その自由に描かれた線を基礎に、円定規とクロソイド定規を使って、工学的に計算できる線に置き換えるのである。クロソイドとは曲率が徐々に変化する曲線系の一つである。結果として、高速道路の線形は流れるように美しく、周囲の地形に調和したものになる。(p.193)

読書メモ

2015年5月刊。
日本の道路の歴史。太古の昔の道路から、現代の高速道路まで。
著者は、高速道路の計画や建設に携わってきた人。

高速道路を建設しようとすると、不思議と古代の遺跡(道路や古墳)と重なることが多いのだそうだ。そして、それには理由がある。

以前、NHK で見た『日常にひそむ数理曲線』で紹介されていた「クロソイド曲線」のことが出てきて、おお! と思った。
(インターチェンジのカーブの形は「クロソイド曲線」と言って、 ハンドルを一定の速度で回し続けたときの車の経路と同じになるように設計されている)

実に渋い本。


引用メモ

昔は情報も人が自ら移動して伝えるものであり、敏速な交通手段が必要だった。(p.34)
島の名前にもなっている淡路とは「阿波路」つまり「阿波へ行く道」の意味である。(p.55)
ローマの道以来、西欧では馬車が通ることが基本であったが、わが国では騎馬を基準とした時代は遠く去り、近世ではもっぱら徒歩を基準とする構造であった。(p.128)
戦後の昭和21年(1946)に4409人であった全国の交通事故の死者数は昭和34年(1959)には一万人に達し、「交通戦争」の言葉も生まれた。(中略)
戦後急増していたその数は、(中略)昭和45年の16765人を頂点として次第に減少し、シートベルト着用の義務化、飲酒運転の厳罰化、自動車の安全機能の向上などもあって、平成26年(2014)は4113人となり、14年連続で5000人を下回り、過去最悪であった昭和45年の死者数の4分の1以下になった。今後もさらに漸減することが期待される。(p.207)
以前は立体横断施設(横断歩道橋や地下横断歩道)の設置が主流であった。しかし、これは自動車優先であって歩行者に一方的に負担を強いるものとして、今日では横断歩道を復活して、歩行者の負担軽減を図る場合もあり、考え方は多様化している。(p.208)
日本は土地が少なく極限まで有効利用するから、そのために道路が必要なのである。日本は「道路王国」ではなく、「道路がなくては生きてゆけない国」であり、「道路を公のものとして大事にしてきた国」なのである。(中略)昔の道路は99%までは現在も道路である。昔の道筋をたどれないところはほとんどない。(中略)日本では昔から道はほとんどすべて公道であった。そして大切にしてきたのだ。たとえそれが帯のように細いものだったとしても。(p.229)

(太字は引用者による)


関連リンク

この本を読んだきっかけの記事。↓

「クロソイド曲線」のことが紹介されている映像作品。↓

日常にひそむ数理曲線 DVD-Book

ナレーション:太田光(爆笑問題) ポニーキャニオン 2010-07-16
売り上げランキング : 3558
by ヨメレバ



道路の日本史 - 古代駅路から高速道路へ (中公新書)

武部 健一 中央公論新社 2015-05-22
売り上げランキング : 22636
by ヨメレバ