読書メモ

2015年6月刊。

  • 光速の90%の速さで投げられた野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?
  • 地球にいる人間全員が一斉にレーザー・ポインターを月に向けたら、月の色は変わるでしょうか?
  • ステーキを高いところから落として、地上に到達したときにちょうど食べごろに焼けているようにするには、どのくらいの高さから落としたらいいですか?

のような、あり得ない(でも好奇心をくすぐられる)質問に、科学や数学を駆使して回答する、サイエンス・ユーモア。
宇宙ネタ多し。

限られた情報から、推測して、概算で見積もって、果敢に回答を提示する。
TED Talk でも話題になったらしい。

添えられているマンガの、棒人間のゆるい雰囲気がたまらない。
ちょっと線を加えるだけでポニーテールになったり、表情豊か。


この本 この行

地球が回る軌道に達するのが難しいのは、宇宙が高いところにあるからではない。
軌道に達するのが難しいのは、猛スピードを出さなければならないからだ。(中略)

宇宙に到達するのは難しくない。問題なのは、宇宙に留まることだ。
低地球軌道の重力は、地表での重力とほとんど同じぐらい強い。国際宇宙ステーション(ISS)は地球の重力に縛られたままだ。私たちが地表で感じている重力の約90パーセントの強さの重力で引っ張られている。

落ちて大気圏に戻ったりしないためには、横方向に、ものすごいスピードで飛ばなければならない。 軌道に留まるために必要な速度は、秒速約8キロメートルだ。実のところ大気圏の外まで上昇するために使われるロケットのエネルギーは、ごく一部に過ぎない。エネルギーの大部分は軌道速度(横方向の)を出すために使われるのだ。(p.242)

引用メモ

Q: 光速の90%の速さで投げられた野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?
A: ボールの前にある空気分子には、わきへよける時間がない。ボールは分子に激突し、空気分子はボールの表面の分子と核融合するだろう。衝突のたびに大量のガンマ線が放射され、核融合によって生じた粒子が周囲に拡散されるだろう。(p.17)
大気圏に再突入宇宙船が熱くなるのは、宇宙船が自分の前にある空気を圧縮するからだ(よく言われるように、空気の摩擦で熱くなるのではない)。(p.114)
宇宙から戻ってくる物体は猛烈に熱くなる。物体が大気圏に突入するとき、あまりに高速になっているので、空気はその物体をよけるだけの時間がない。このため、落ちてくる物体の前でどんどん空気が圧縮されていく。そして、圧縮された空気は熱くなる。大雑把に言うと、だいたいマッハ2を超える速度になると、空気の圧縮による過熱を感じるようになる。(p.139)
Q: 地球に普通に飛んでいる飛行機を、太陽系のほかの天体の上空で飛ばそうとしたらどうなりますか?
A: ガソリンエンジンは植物のある惑星の空でしか役に立たないので、電気モータを使わなければならない。植物がない惑星では、酸素は大気中に留まらない――ほかの元素と結合して二酸化炭素や錆のようなものにしまうのだ。(中略)ガソリンエンジンが働くためには、空気中に酸素がなければならない。(p.177)

関連サイト

著者の TED Talk の動画。(9分29秒)



xkcd: Engineer Syllogism
本書の元になった著者のサイト


ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか

ランドール・ マンロー 早川書房 2015-06-24
売り上げランキング : 436
by ヨメレバ