皇室とっておき

皇室とっておき

  • 作者:朝日新聞社
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日: 2015-08-07

この本、この行

2006年に(中略)両陛下がお忍びで散策したことがありました。(中略)両陛下は乾門から皇居の外に歩いて出てきました。(中略)乾門前には横断歩道がありますが、両陛下は赤信号で信号が変わるのを待ちました。普段、両陛下が車で移動する場合、信号はすべて青になりますから、信号待ちをする珍しい光景にとても驚いたのを覚えています。(p.33)

読書メモ

2015年8月刊。
朝日新聞デジタルの連載「皇室とっておき」(2013年〜)を再構成した本。

150ページ程度のコンパクトな本。
皇室の方々が、1人1エピソードの形で、読みやすくまとまっている。

写真も豊富で、知らなかったことが多く、面白い。
巻末の写真入り家系図とプロフィールは、分かりやすくていい資料。

「両陛下が車で移動する場合、信号はすべて青になる」とは知らなかった。
信号機に一体どんな仕掛けが…。

自分は皇室に関する知識はあまり持っていなかったけど、面白く読めた。
もともと皇室に詳しい人には、ちょっと内容が物足りないかも。


引用メモ

皇室を語るには、「伊勢神宮」をはずすことはできない――。宮内庁を担当する記者には代々、そう引き継がれています。皇室の祖先とされる神、天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる三重県伊勢市の伊勢神宮は、昔から皇室とのゆかりが深く、全国の神社の中でも別格に位置づけられる神社です。(p.82)
現行の皇室典範では、皇族の女性は、天皇や皇族以外と結婚すると、皇室を離れることになっており、この際、国から一時金が贈られます。皇室の予算について定められた皇室経済法によると、支給の理由は「皇族であった者としての品位保持の資に充てるため」。金額は、総理大臣を議長とし、衆参両院の議長や宮内庁長官らで構成される皇室経済会議で決められます。(p.130)
皇室とっておき

朝日新聞社 朝日新聞出版 2015-08-07
売り上げランキング : 88515
by ヨメレバ

関連リンク

皇室の写真付き系図とプロフィール(朝日新聞「皇室とっておき」より)