読書メモ

2015年11月刊。
盛岡の街の本屋さん「さわや書店フェザン店」の店長さんが語りかける、本屋の目指す姿。
やさしい口調と、ひたむきで真摯な姿勢。

街の本屋さんは、限られた本棚のスペースを、生身の書店員さんが「耕す」。
そう、本屋は農業だったのだ。


引用メモ

実際、伊藤さんは本には”旬”があるといつも語っていました。新刊だから旬だというわけではない。古い本でも旬がやってくる。そのタイミングで、いかにお客さまに提案ができるか。それが書店員には問われるのだ、と。(p.26)
ムックというのは、形式は雑誌ですが定期的に刊行されるものではありません。magazine(雑誌)とbook(書籍)の中間的な存在であることから、このように呼ばれています。週刊誌は返品期限が45日、月刊誌は60日。いずれは消えていくことになりますが、ムックには返品期限がありません。だから、ムックをどう使うかで、自分の店らしい雑誌コーナーの特徴を作っていくことができます。(p.68)
最近では、出版社から新刊が出るかなり前の段階で、書店員にゲラが渡されるような動きが増えました。事前に中身がわかっていれば、新刊が出たときに売りやすいのではないか、という出版社の考えからでしょう。率直な感想を聞かせてほしい、と意見を求められることもあります。(p.94)
ゲラを読ませてもらってから実際に本が出るまでは、だいたい1ヶ月から数か月です。じっくりたっぷり準備ができます。こういうチャンスをもらえることこそ、書店員の醍醐味の一つだと思うわけです。(p.95)
一冊の本の向こうに、数限りなくある規則性や類似性、意外性のバランスを取りながら生身の書店員によって組まれる本屋の棚は、ネット書店では味わえないものです。(p.153)
「本の未来」と「本屋の未来」は違います。本の持つ可能性に、本屋がどのように寄り添い続けることができるのか。業界として、地域として、本屋として、そして書店員として。(p.160)

みなさんのレビュー(読書メーターより)

まちの本屋 知を編み、血を継ぎ、地を耕す

田口 幹人 ポプラ社 2015-11-14
売り上げランキング : 28516
by ヨメレバ