この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

カテゴリ: 書評/読書メモ

皇室とっておき

皇室とっておき

  • 作者:朝日新聞社
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日: 2015-08-07

この本、この行

2006年に(中略)両陛下がお忍びで散策したことがありました。(中略)両陛下は乾門から皇居の外に歩いて出てきました。(中略)乾門前には横断歩道がありますが、両陛下は赤信号で信号が変わるのを待ちました。普段、両陛下が車で移動する場合、信号はすべて青になりますから、信号待ちをする珍しい光景にとても驚いたのを覚えています。(p.33)

読書メモ

2015年8月刊。
朝日新聞デジタルの連載「皇室とっておき」(2013年〜)を再構成した本。

150ページ程度のコンパクトな本。
皇室の方々が、1人1エピソードの形で、読みやすくまとまっている。

写真も豊富で、知らなかったことが多く、面白い。
巻末の写真入り家系図とプロフィールは、分かりやすくていい資料。

「両陛下が車で移動する場合、信号はすべて青になる」とは知らなかった。
信号機に一体どんな仕掛けが…。

自分は皇室に関する知識はあまり持っていなかったけど、面白く読めた。
もともと皇室に詳しい人には、ちょっと内容が物足りないかも。


引用メモ

皇室を語るには、「伊勢神宮」をはずすことはできない――。宮内庁を担当する記者には代々、そう引き継がれています。皇室の祖先とされる神、天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる三重県伊勢市の伊勢神宮は、昔から皇室とのゆかりが深く、全国の神社の中でも別格に位置づけられる神社です。(p.82)
現行の皇室典範では、皇族の女性は、天皇や皇族以外と結婚すると、皇室を離れることになっており、この際、国から一時金が贈られます。皇室の予算について定められた皇室経済法によると、支給の理由は「皇族であった者としての品位保持の資に充てるため」。金額は、総理大臣を議長とし、衆参両院の議長や宮内庁長官らで構成される皇室経済会議で決められます。(p.130)
皇室とっておき

朝日新聞社 朝日新聞出版 2015-08-07
売り上げランキング : 88515
by ヨメレバ

関連リンク

皇室の写真付き系図とプロフィール(朝日新聞「皇室とっておき」より)

B勘あり!

B勘あり!

  • 作者:飯田 真弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2015-06-04

この本、この行

ある特定の費用を計上しないということは、それに紐つく売り上げを除外する意図があると、そう判断されても仕方ないんですよ」。(中略)
「『両建て』って言うんですよ」(中略)
「入るほうも出るほうも、すなわち売り上げも、費用も、両方とも表に出さない。これは意図的にやったとしか説明のしようがないんですよ」(p.80)

読書メモ

2015年6月刊。
税務署員と税理士の両方の視点から書かれた小説。

著者は『税務署は見ている。』を書いた、元国税調査官。
タイトルの「B勘」とは「借名預金」(いわゆる隠し口座)のことを指す。

3つの事案が絡み合うところが、面白くもあり、ややこしくもある。
正直、小説的な面白さとしてはイマイチだけど、税務署の裏側が覗けるという点では稀有な小説かもしれない。

章の間に挟み込まれている「用語解説」がなかなか面白い。


引用メモ

「あるべきものがあって、正解。あってはならないものがそこにあったら間違いです。ないはずのものがあってもダメです。わかりますね。この質問と検査を総称して税務調査と呼んでいるんです。」(p.185)
【白色申告】
確定申告書には青色と白色がある。昔は本当に紙の色が白と青(水色)だった。白色申告にも記帳義務があると謳われてから、白色と青色の違いは何なのか、わかりにくくなった。調査官目線から言うと、白色はきちんと申告しようとする意思がない人、あるいは、申告納税制度にもの申したいと思っている人、さらには、まったく税務に興味も関心もない人となり、よい印象は持たれない。(p.213)
【控除失格】
収入から経費を引いて、そこからさらに扶養控除や基礎控除を差し引きすると、税金を払う計算のもとになる所得金額がマイナスになる場合がある。それを控除失格と呼ぶ。支払う税金がない場合は確定申告を提出しなくてもいいのだが、様々な行政機関は確定申告書の控えの提出を求めることがあり、税額がゼロでも、確定申告書を提出する人はいる。(p.214)
【家事消費】
飲食店や食料品店の場合、残りものを家族で食べたりすることがある。「自分の店のもんを食べて何が悪いんじゃ」と言いたくなるだろうが、仕入金額は税金の計算に入っている。家族がそれを食べれば1食が助かる。「助かった=儲かった」となり、儲かったと思う金額は「家事消費」として売上金額に加算しなければならないのだ。(p.259)

(太字は引用者による)

B勘あり!

飯田 真弓 日本経済新聞出版社 2015-06-04
売り上げランキング : 17523
by ヨメレバ

関連する本

同じ著者による本。
こちらは小説ではなく、税務署の仕事内容について書かれている。

税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

飯田 真弓 日本経済新聞出版社 2013-09-10
売り上げランキング : 64095
by ヨメレバ


この本この行

個人的には、社会が許容できる範囲を示すのが規制だと思うんですよ。車の制限速度で考えてみてください。本当に人にリスクがないスピードだと5〜10km/hが精一杯。でも、それじゃあ、物流に支障をきたしますし、社会が成り立たない。そのために社会が許容できる線引きをするのが規制なんです。(p.121)

読書メモ

2015年7月刊。
例の「首相官邸落下事件」の後に書かれた、ドローン(小型無人飛行機)の今。
ドローンを使った犯罪の可能性について、多くのページを割いて検証されているのが印象的。

海外では、すでにドローンを積極的に使っている国も実際に存在している。
新しいテクノロジー対して「危ないからダメ」ばかりじゃなくて、「うまく活用していくには、どうしたらいいだろう?」という視点を持ちたい。


引用メモ

「ドローンはロボットと人間の共生の第一幕を開く」
「ドローンの未来に必要なのは世論の同意」
本書を手に取ってくれた方々が本を閉じる際に、このふたつの論点について少しでも同意していただければ幸いだ。(p.8 はじめに)
カナダはドローンに対する規制やルール作りを早くから行なってきた国家だ。2008年にはすでに、35kg以下の機体のルール作りが完成。すでに1000社が認証され、合法的に空を飛び、発電所や送電線の監視にドローンが実用化されてきた。(p.64)
その活用における自由度の高さは、ドローンの活動領域が空中にあるということはもちろん、さまざまなペイロード(搭載物)を組み合わせられるところにあるだろう。カメラを搭載すれば空撮機に、商品を搭載すれば配送機にと、ドローンはペイロードによって多様な姿に変貌する。(p.84)
ドローンをはじめロボットや最新テクノロジーを実用化しようとすると、必ずふたつの問題が持ち上がる。
ひとつは、安全性の問題。(中略)
そして、もうひとつの問題が、人間と共生できるか否かという問題である。(p.102)
最初からルールを軽視している者にとって、それを「守る」か「破る」かの判断基準は、自分にとって「損」か「得」かというものでしかない。
そういう者に対しては結局のところ、協力は反撃体制で備えるか、厳罰をもって臨むしかないだろう。 しかし世の中には、「ルールがあるなら、守らなければならない」と考える人の方がより多く存在しているはずだ。そういう人々に向けて、多くが納得できるルール作りをすることは、ドローンの安全な運用と普及を図る上で、とても重要になってくる。(p.164)
ドローンの衝撃 (扶桑社新書)

河 鐘基 扶桑社 2015-07-02
売り上げランキング : 109811
by ヨメレバ


この本この行

既に家庭に浸透している洗濯機や掃除機などの機械は、人間の手間を省くもので、それらが普及する前に比べて生活は格段に楽になった。
だが、人々は必ずしも楽になっても幸せにはなっていない。むしろ手間がかかり、頼りないペットの方が人々を幸せにしているのではないだろうか。
ここにペッパーのヒントがある。開発リーダーの林は言う。「何もできないロボットが人々を幸せにする可能性がある」。従来は人が必要とするロボットを作っていたが、ペッパーは人を必要とするロボットとなる。 (p.48)

読書メモ

2015年6月刊。
「情報革命で人々を幸せに」を長年の経営理念として掲げる、ソフトバンクの孫正義。
この本は、比較的最近の「経営者」としての彼を見つめる。
ロボット「Pepper(ペッパー)」開発の背景も。
本人へのインタビューも豊富なので、最近は SNS から遠ざかっている孫正義の「今」が見れる。


引用メモ

日本でインターネットやスマホが普及するきっかけを作ったのは孫だ。無料で ADSL モデムを配り、ネット環境を整え、米アップルの iPhone を導入し、モバイルインターネットの時代を切り開いた。(p.35)
間違いなく生活は「便利」になった。ただ便利になれば「幸せ」になるわけではない。詳しく述べるまでもなく、常時のネット接続で人々は仕事に追われ、ネットを使った犯罪の高度化などの負の側面もある。便利な道具は、上手に使いこなせる人もいれば、悪用する人もいるのが世の常だ。(p.35)
「知恵に相当するのがソフトウェアであり、知識に相当するのがデータ。世界中の人々の英知を集め、それをまるで一つの固まりのように全部集める。それがバンクだよ。世界中の人々の知恵と知識のバンク。それが社名にソフトバンクとつけた理由だよ。」(p.58)
ソフトバンクは今でこそ歴然たる大企業だが、2006年に携帯電話事業に参入するまでは自他共認めるベンチャー企業だった。(p.142)
孫正義の焦燥 俺はまだ100分の1も成し遂げていない

大西 孝弘 日経BP社 2015-06-16
売り上げランキング : 4849
by ヨメレバ


読書メモ

2015年6月刊。

  • 光速の90%の速さで投げられた野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?
  • 地球にいる人間全員が一斉にレーザー・ポインターを月に向けたら、月の色は変わるでしょうか?
  • ステーキを高いところから落として、地上に到達したときにちょうど食べごろに焼けているようにするには、どのくらいの高さから落としたらいいですか?

のような、あり得ない(でも好奇心をくすぐられる)質問に、科学や数学を駆使して回答する、サイエンス・ユーモア。
宇宙ネタ多し。

限られた情報から、推測して、概算で見積もって、果敢に回答を提示する。
TED Talk でも話題になったらしい。

添えられているマンガの、棒人間のゆるい雰囲気がたまらない。
ちょっと線を加えるだけでポニーテールになったり、表情豊か。


この本 この行

地球が回る軌道に達するのが難しいのは、宇宙が高いところにあるからではない。
軌道に達するのが難しいのは、猛スピードを出さなければならないからだ。(中略)

宇宙に到達するのは難しくない。問題なのは、宇宙に留まることだ。
低地球軌道の重力は、地表での重力とほとんど同じぐらい強い。国際宇宙ステーション(ISS)は地球の重力に縛られたままだ。私たちが地表で感じている重力の約90パーセントの強さの重力で引っ張られている。

落ちて大気圏に戻ったりしないためには、横方向に、ものすごいスピードで飛ばなければならない。 軌道に留まるために必要な速度は、秒速約8キロメートルだ。実のところ大気圏の外まで上昇するために使われるロケットのエネルギーは、ごく一部に過ぎない。エネルギーの大部分は軌道速度(横方向の)を出すために使われるのだ。(p.242)

引用メモ

Q: 光速の90%の速さで投げられた野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?
A: ボールの前にある空気分子には、わきへよける時間がない。ボールは分子に激突し、空気分子はボールの表面の分子と核融合するだろう。衝突のたびに大量のガンマ線が放射され、核融合によって生じた粒子が周囲に拡散されるだろう。(p.17)
大気圏に再突入宇宙船が熱くなるのは、宇宙船が自分の前にある空気を圧縮するからだ(よく言われるように、空気の摩擦で熱くなるのではない)。(p.114)
宇宙から戻ってくる物体は猛烈に熱くなる。物体が大気圏に突入するとき、あまりに高速になっているので、空気はその物体をよけるだけの時間がない。このため、落ちてくる物体の前でどんどん空気が圧縮されていく。そして、圧縮された空気は熱くなる。大雑把に言うと、だいたいマッハ2を超える速度になると、空気の圧縮による過熱を感じるようになる。(p.139)
Q: 地球に普通に飛んでいる飛行機を、太陽系のほかの天体の上空で飛ばそうとしたらどうなりますか?
A: ガソリンエンジンは植物のある惑星の空でしか役に立たないので、電気モータを使わなければならない。植物がない惑星では、酸素は大気中に留まらない――ほかの元素と結合して二酸化炭素や錆のようなものにしまうのだ。(中略)ガソリンエンジンが働くためには、空気中に酸素がなければならない。(p.177)

関連サイト

著者の TED Talk の動画。(9分29秒)



xkcd: Engineer Syllogism
本書の元になった著者のサイト


ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか

ランドール・ マンロー 早川書房 2015-06-24
売り上げランキング : 436
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ