この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

カテゴリ:知識教養 > 企業史


この本この行

既に家庭に浸透している洗濯機や掃除機などの機械は、人間の手間を省くもので、それらが普及する前に比べて生活は格段に楽になった。
だが、人々は必ずしも楽になっても幸せにはなっていない。むしろ手間がかかり、頼りないペットの方が人々を幸せにしているのではないだろうか。
ここにペッパーのヒントがある。開発リーダーの林は言う。「何もできないロボットが人々を幸せにする可能性がある」。従来は人が必要とするロボットを作っていたが、ペッパーは人を必要とするロボットとなる。 (p.48)

読書メモ

2015年6月刊。
「情報革命で人々を幸せに」を長年の経営理念として掲げる、ソフトバンクの孫正義。
この本は、比較的最近の「経営者」としての彼を見つめる。
ロボット「Pepper(ペッパー)」開発の背景も。
本人へのインタビューも豊富なので、最近は SNS から遠ざかっている孫正義の「今」が見れる。


引用メモ

日本でインターネットやスマホが普及するきっかけを作ったのは孫だ。無料で ADSL モデムを配り、ネット環境を整え、米アップルの iPhone を導入し、モバイルインターネットの時代を切り開いた。(p.35)
間違いなく生活は「便利」になった。ただ便利になれば「幸せ」になるわけではない。詳しく述べるまでもなく、常時のネット接続で人々は仕事に追われ、ネットを使った犯罪の高度化などの負の側面もある。便利な道具は、上手に使いこなせる人もいれば、悪用する人もいるのが世の常だ。(p.35)
「知恵に相当するのがソフトウェアであり、知識に相当するのがデータ。世界中の人々の英知を集め、それをまるで一つの固まりのように全部集める。それがバンクだよ。世界中の人々の知恵と知識のバンク。それが社名にソフトバンクとつけた理由だよ。」(p.58)
ソフトバンクは今でこそ歴然たる大企業だが、2006年に携帯電話事業に参入するまでは自他共認めるベンチャー企業だった。(p.142)
孫正義の焦燥 俺はまだ100分の1も成し遂げていない

大西 孝弘 日経BP社 2015-06-16
売り上げランキング : 4849
by ヨメレバ


読書メモ

2015年5月刊。
1996年に日本でスターバックスを立ち上げるまでの物語。
手がけたのはアフタヌーンティーを展開していた「サザビー」という聞き慣れない会社だった。

半分ぐらい読んだところで、ようやく日本のスターバックスの1号店が開店。
日本1号店での最初の注文が「ダブルトールラテ」だったのは有名な話だが、まさかその客が米国CEOのシュルツ氏本人だったというのは衝撃の事実。


引用メモ

でも種明かしをすれば、この最初の男性客は、シュルツ氏本人だったのです。ブランドのトップが、海外1号店に自らおもむき、オープンとともに最初のオーダーを入れる。それは日本における「スターバックス体験」の幕開けにふさわしい演出でした。いや、誰もそんなことをシナリオに描いていたわけではありません。天性のマーケターのシュルツが、即興で実演したのでした。(p.143)
スコーンは米国スターバックスで販売しているものを冷凍で輸入し国内製造業者に焼成してもらい、店舗で販売するようになりました。この商品は、おむすびのような三角形をしていて話題になりましたが、これはケガの功名で、米国製のスコーンがあまりに巨大で、日本では半分に切って商品にしたため、三角形の姿になったのでした。(p.239)

日本スターバックス物語──はじめて明かされる個性派集団の挑戦

梅本龍夫
早川書房 2015-05-22
by ヨメレバ

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

  • 作者:エド・キャットムル 著,エイミー・ワラス 著
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014-10-03

読書メモ

2014年10月刊。
ピクサーの社長(共同創設者)が語る、ピクサー40年の歴史。

謙虚でいて、目的意識がすこぶる高い。
リーダー論として読むのも面白い本。

スティーブ・ジョブズのピクサーへの思いも。
ジョブズ好きは、最後の章「私の知っているスティーブ」は一読の価値あり。

引用メモ

問題に目を光らせることと問題に気づくことは違うことだと痛感した。これがその後の私の目的意識の矛先、新たな挑戦となった。(p.97)
「測定できないものは管理できない」。ビジネスや教育の現場でよくそう言われ、信じられている。とんでもない。どれだけのものが見えずに隠れているか、それに気づいていない人にしか言えない言葉だ。人が管理するものの大部分は、測定できない。そこに気づかないと予期せぬ結果を招く。データが物事の全容を表すと信じている人は、現れていないものを見過ごす。私が勧めるアプローチは、測定できるものは測定し、その結果を評価し、大半のことは測定できないと理解する。そうしてたまに一歩引いたところから自分のやり方を見直すことだ。(p.288)
だめなポイントを細かく書き出してみるのです。すると、ほとんどの問題が2つか3つの根本的な問題に集約されることがわかる。思ったほどひどくなかったんだなと。もうだめだと悲観的になるより、問題を限定できたほうがはるかに気持ちが軽くなります。(p.206)

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

エド・キャットムル 著,エイミー・ワラス 著 ダイヤモンド社 2014-10-03
売り上げランキング : 1788
by ヨメレバ


読書メモ

2015年3月刊。
セゾングループ、山一證券、中島飛行機など、かつて存在していた10の巨大企業の始まり、繁栄、そして終焉。

渋谷パルコ前の「区役所通り」を「公園通り」という名前に変えたのはセゾンだったとは。

指南役さんは物語をドラマチックに書くのがうまい。
短い文で、臨場感たっぷりな文体、好きです。


引用メモ

今でこそ渋谷のランドマークといえば、若い女性たちの聖地・SHIBUYA109を思い浮かべるが、1970年代から80年代にかけて、その位置にあったのは公園通りの「パルコ」だった。(p.126 セゾングループ)
それまで「区役所通り」と呼ばれていた坂道を「公園通り」と呼び名を変え、さらに道沿いに「VIA PARCO」の看板を掲げた。要は、渋谷駅からのアプローチもパルコの演出するアイテムの1つとして考えたのだ。
1973年6月、渋谷パルコがオープンし、同館は瞬く間に社会現象となった。(p.129 セゾングループ)
今では信じられないが、戦前の日本は飛行機大国だった。中島飛行機を筆頭に、三菱重工業や川崎航空機工業といった世界有数の航空機メーカーがしのぎを削り、ゼロ戦をはじめ、隼、飛燕、紫電改などの名機を世に送り出した。当時は民間航空機の需要が少なかったので、大半は陸海軍の軍用機だった。(p.187 中島飛行機)
絶滅企業たちには1つの共通点がある。それは――過去の成功神話に胡座をかき、気がつけば独善的になり、時代遅れになっていたこと。
それらの淘汰は、ほぼこれで説明がつく。(p.257 終章)

絶滅企業に学べ! 今はなき人気企業に学ぶ10の「勝因」と「敗因」

指南役
大和書房 2015-03-21
by ヨメレバ


読書メモ

2015年3月刊。
長年愛され続けている定番の家庭用アイスクリーム13種類の商品開発物語。

自分が好んで食べているアイスの話は、ところどころ面白い。

20〜30年続いている商品が多かった。
カリカリの三角コーンが特徴の「ヨーロピアンシュガーコーン」(クラシエ)、コーンの内側に吸湿防止のチョコレートコーティングが施されているとは知らなかった!


引用メモ

アイスクリームは、アイスクリームミックスと空気を混ぜることで、冷たく凍っているのにソフトでなめらかな口あたりが生まれる。アイスクリームミックスに同体積の空気を1対1の割合で混ぜ合わせた場合のオーバーラン(空気の混合割合)は100%となる。アイスクリームの一般的なオーバーランが60〜100%なのに対して、ハーゲンダッツは20〜30%。一般に低いとされているものより、さらに低い。それだけ濃厚な、重みのある味となる。(p.88)
高級ブランド、人気ブランドという言葉をよく耳にするが、「ブランド」はもともと、牛などの家畜に焼印を押すことが語源。家畜を見分けるための目印である。そこから自社の商品やサービスを他社のものと区別するための名称、イメージなどを言うよりになり、いまや消費者の評価の尺度にもなっている。(p.120)

変革のアイスクリーム---「V字回復」を生んだ13社のブランドストーリーに学ぶ

新井 範子 ダイヤモンド社 2015-03-20
売り上げランキング : 297114
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ