この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

カテゴリ:自己啓発 > コミュニケーション

伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

  • 作者:佐々木 圭一
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015-04-24

読書メモ

2015年4月刊。
コピーライターが18年かけて見つけた「伝え方のレシピ」パート2。

繰り返し出てくる図解が分かりやすい(ちょっとクドいけど)。
「言葉」を「コトバ」とカタカナ書きしている点がうまいと思った。

かなり分かりやすく書かれているので、読み終わると分かった気になっちゃう。
サクサク読めちゃいすぎて、物足りなくも感じてしまった。

このジャンルの本が好きな方には『伝わっているか?』も強くおすすめします。

伝わっているか?
小西利行 宣伝会議 2014-06-09
by ヨメレバ


引用メモ

「ノー」を「イエス」に変える技術:

ステップ1「じぶんの頭の中をそのままコトバにしない」、
ステップ2「相手の頭の中を想像する」(あなたのお願い対して、相手はどう考えるか、ふだん相手は何を考えているか)、
ステップ3「相手のメリットと一致するお願いをつくる」(p.30)
「イエス」に変える「7つの切り口」:

1. 相手の好きなこと
2. 嫌いなこと回避
3. 選択の自由
4. 認められたい欲
5. あなた限定
6. チームワーク化
7. 感謝 (p.103)
部下をもつ人は誰でも不安なのです。上司こそ、認められたいのです。(中略)「認められたい欲」というと、上司から部下と思いがちですが、実は部下から上司へも非常に効果的なアプローチなのです。(p.121)
なぜ、リピートがそこまで記憶に残るのでしょう? それは、暗記をするときを思い出してください。何度も繰り返し声に出したり書いたりして覚えますよね。それと同じです。人はくり返されると記憶に残りやすいのです。しかも、同じコトバがくり返されると、発生したときの唇の気持ちよさがあります。音楽のリズムのような。(p.176 リピート法)

他の方の感想(読書メーターより)


伝え方が9割 2 感想 佐々木 圭一 著 - 読書メーター

伝え方が9割 2

佐々木 圭一 ダイヤモンド社 2015-04-24
売り上げランキング : 604
by ヨメレバ


読書メモ

2014年11月刊。
還暦を過ぎた人など、大人のための文章講座。

推敲はほんと大事。


引用メモ

他人の批評を受け入れられない。彼らが残念なのは、その一点です。(中略)
人間として自分にプライドを持っていることは決して悪いことではありません。しかし、他人の批評に腹を立てたり、言い訳をして我を押し通そうとするのは、本当の意味でのプライドではなく、たんなる意固地であり、我執ではありませんか。(p.23)
もっともらしい意見は書かれていますが、それは何もこの作者にしか書けないことではない。だれにでも言えるような、ごく良識的な正論ばかりに占められています。
こういう文章を書いてしまうのは、文章とはだれに読まれてもなるほどと納得してもらえるような立派なことを書かなければならないと作者が思いこんでいるからです。(p.51)
自分の書いた文章には、どうしても書いたときの思惑や興奮がまだ染みついています。そこに「ちょっとここが分かりづらいかも」とか、「この形容でもっといい言葉はないかな」というふうに、批評的に突き放す視点が必要になるのです。
推敲をしていると、こういう場合はこういうふうにする、という自分なりの一貫した方針というか、流儀のようなものが次第に出来あがっていくものです。それがひいては、あなた特有の「文体」になっていきます。(p.103 推敲しよう)

書きたいのに書けない人のための文章教室

清水 良典
講談社 2014-11-27
by ヨメレバ

伝わっているか?

伝わっているか?

  • 作者:小西利行
  • 出版社:宣伝会議
  • 発売日: 2014-06-09

読書メモ

2014年6月刊。
「伝える」だけじゃなくて、相手に「伝わる」コミュニケーション技術の本。
こりゃ面白い本。

コピーライターの著者が試行錯誤して導き出した「伝わる言葉」の作り方。
ストーリー仕立てで、小生意気なイルカとの漫才風の小気味よいやりとりが楽しい。
決め台詞は「伝わっているか?」(ドヤ顔で) ははは。キューキュー。

「伝える」と「伝わる」は全然違う。
「伝える」だけじゃダメなんだ。相手に「伝わる」でないと、ね。
相手のしてほしいことを想像するのが、相手に「伝わる」秘訣。

ちなみに、著者は『伝え方が9割』の著者である佐々木圭一氏の先輩コピーライター。


引用メモ

「コミュニケーションって難しいな」と思っている人のほとんどは、「伝えよう」として失敗します。一生懸命考えた結果なのに、逆に怒らせてしまったり、気持ちが間違って伝わったりしてしまう。(中略)それはなぜか? 答えは簡単。「伝える」ことばかり考えると、結局、相手のことを考えず、自分の意見を押し通すエゴになってしまうからです。(p.4 はじめに)
「相手のしてほしいことを想像する」のがコミュニケーションには大切なのです。自分にメリットのある話や、楽しませてくれる話なら、相手も喜んで聞いてくれるし、その結果、前向きに行動してくれます。このように、相手が興味を持ち、気持ちよく聞いてくれて、心が動く。それが「伝わる」ということです。
だからこそ「伝わる」ためには相手の気持ちを徹底的に想像して、その人が嬉しくなって、心が動くアイデアを考えなければいけません。(p.5 はじめに)
「いらない言葉」を意識するのは大切なんだ。文章を書く時に「いらないことば」をなくそうと思うだけで、メキメキと文章が上達する。「いらない言葉」が多いと、面倒に感じて文章を読みたくなくなるし、読んでも混乱させるだけだからな。(中略)
難しく考えずに、相手が「おっ♡」と思うように、書けばいい。それなら相手に伝わるし、いらない言葉じゃなくなる。(p.24)
いや。きっとあんたは、伝えただけで、伝わってない。(p.52)
「伝える」のと「伝わる」のじゃ、結果が全然違う。(p.54)
実はその「嬉しい」ってのが「伝わる」ためのキーワードだ。できるだけ相手の嬉しいことを言う。そうすれば、気持ちが伝わりやすい。「嬉しい」は「伝わる」の始まりなんだ。(p.55)
自分の気持ちだけで「相手のために」と行動するんじゃなく、その時の「相手の立場」になって考えることが大切なんだ。(中略)相手を理解しようとすることがすべてのはじまりだ。(p.189)
未来が過去をつくるんだ。(中略)
どれだけ過去が辛かったとしても、未来で成功すれば、その過去はすべて、成功のための道筋になる。つまり、未来が良くなれば、どんな過去でもいい思い出になるわけだ。だから、過去についてくよくよするより、未来をよくするために努力する方がいい。未来を変えることで過去が変わるからな。(p.223)

(太字は引用者による)

伝わっているか?

小西利行 宣伝会議 2014-06-09
売り上げランキング : 15280
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ