この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

カテゴリ:知識教養 > 伝記


読書メモ

2015年8月刊。
日本経済新聞に1ヶ月間連載された「私の履歴書」をまとめた、欽ちゃんの自叙伝。

苦労した下積み時代から、テレビでの絶頂期、そして73歳で入学した大学生活。
読みやすい文章でスルスルと読める。優しさがにじみ出ているような語り口。

後半の書き下ろしの、大学生活の話がよかった。
入学の理由のひとつは「新しいものをつくりだす武器になるはず」。
まだまだ現役。


引用メモ

僕はあんまり謙虚な人間ではない。そんな僕を叱りつけ、励まし、助けてくれた人たちが大勢いる。この本で改めて気がついたけれど、世の中恩人だらけだ。(p.4)
(長男の)一童は浪人中、「大学を出て銀行に勤めたい」と言うので、僕は「大学に行って無駄だったな、と思うような仕事しなよ」と助言した。しばらくすると、「俺、大学行かないで弁当屋で働くよ」。「それ、最高だね」と僕は褒めた。弁当屋さんで汗をかきながら人間や社会を見るんだ。
「なんでそうなるの!!」と(妻の)澄子さんはあきれ返った。「あんたの影響で3人ともわけのわかんない人生送っているじゃないの!」と怒ってる。(p.167)
(大学生活について)付け焼き刃じゃない本物の教養を身につけたい、そんな気持ちも強くありました。教養は簡単に自分のものになるわけではないけれど、「挑戦してみよう」と考えた。それが新しいものをつくり出す武器になるはずなんだ、と思っている。(p.173)
「講義を疑うことが大事ですよ。自分で本を読んだり考えたりして、意見をどんどん言ってください。それが大学で学ぶということなんです」。教授のこの言葉に感動した。(p.184)
ダメなやつほどダメじゃない ―私の履歴書

萩本 欽一 日本経済新聞出版社 2015-08-20
売り上げランキング : 75254
by ヨメレバ


読書メモ

2015年2月刊。
田中角栄の名言集。見開き右側には極太の文字で彼の言葉が、見開き左側には写真と解説、というシンプルな構成。

痛快。自分は現役の頃を知らないけど、面白かった。
はっきりしていて、気持ちがいい。


引用メモ

人間にはそれぞれ「ものさし」がある。相手の「ものさし」に合わせて十分考えないと失敗するぞ。(p.20)
田中角栄が軽井沢でゴルフをする際はいつも、40人近い長野県警の警察官が元総理でロッキード事件の被告の「警護」に当たるのが常だった。
ゴルフが終わると、パーティーがある。角栄は秘書の早坂茂三を呼び、人数分の白封筒を渡すと「若い警官たちを楽にさせてやれ」と配慮を忘れなかった。
翌朝、警官たちは東京へ戻る角栄を敬礼で見送ったという。そのなかには涙ぐんでいるものも少なからずいた。(p.29)
田中角栄はどんな政敵の葬儀にも真っ先に駆け付け、涙を流してその死を悼んだ。葬儀から1週間が経過したとき、改めて新しい花を届けさせた。「最初の花が枯れる頃だ。遺族も一番悲しみが募る」(p.67)
相手が立てなくなるまでやっつければ、敵方の遺恨は去らない。
徹底的に論破してしまっては相手が救われない。
土俵際には追い詰めるが、土俵の外に押し出す必要はない。(p.198)

田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

別冊宝島編集部 宝島社 2015-01-24
売り上げランキング : 4456
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ