この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

カテゴリ: 自己啓発


読書メモ

2015年6月刊。
キャッチーなタイトルで思わず手に取る。

「できない人」は、自分の能力を判断する力が無いので、できる人と勘違いしてしまう。
「できる人」は、自分の足りないところまで気が回るので、自己評価が低くなりがち。
…と著者は言う。

タイトルのこと以外で、後半に書かれていたのが「一人になる時間も大事」だということ。
これは同感。


引用メモ

「ポジティブになろう」といったスローガンが世の中に広まりすぎたため、元々楽観的すぎる人、物事を深く考えない人による勘違いが横行している感がある。そういったスローガンは、元々ネガティブに考えすぎる人に向けたものなのである。(p.35)
能力の低い人ほど自分の能力を著しく過大評価しており、逆に能力のとくに高い人は自分の能力を過小評価する傾向があることを実証してみせた。(中略)
それに加えて、これら一連の実験によって証明されたのは、能力の低い人は、ただ何かをする能力が低いというだけでなく、自分の能力が低いことに気づく能力も低いということであった。 まさにこのことが、「なぜか仕事のできない人ほど自信をもっている」ということの理由といえる。(p.40)
群れたがる人は、相手の異質性を認めることができない。相手の感受性や考えが自分と違うことが気に入らない。そのままの相手を認めることができない。ゆえに、相手が共感してくれなかったり、賛同してくれなかったりすると、ムキになって相手を否定し、こちらに合わさせようとする。(p.155)
甘えというのは、相手と自分にズレがあることを受け入れず、一心同体であるかのように思い込もうとする心理である。幻想的な一体感を理想とし、それが持てない相手を自分の世界から排除しようとする。甘えが強く、自他の分離ができていないのだ。相手も同じように感じたり考えたりするのでないと気が済まない。
そのようなタイプは、もちろん自分の方もできるだけ相手に合わせようとする。自分も無理をしてでも合わせているんだから、相手もこちらに合わせるべきだという感覚を持つ。 ゆえに、合わせない相手に対しては「許せない」という思いが湧き、感情的な反応を示したりする。(p.156)
一人になることで、世界は狭まるどころか、逆に世界は広がる。本を読んだり、想像の世界に遊んだり、思索に耽ったりすることによって、想像力が飛翔し、さまざまな言葉の連鎖が広がっていく。
ゆえに、情報や刺激を遮断して自分に浸る時間をもつべきだ。ぼっちでいられる自律的な姿勢は逞しさのあらわれであり、カッコ悪いどころかカッコいいのだ。ぼっちをカッコ悪いとみなす風潮があるが、それを改める必要がある。(p.216)

薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ)

榎本 博明 日本経済新聞出版社 2015-06-09
売り上げランキング : 923
by ヨメレバ


この本 この行

私が思うのは、日本人のお金の使い方で、"中くらい" の額にこそ問題があるのではないか、ということです。
100円単位、1000円単位の買い物まではうまい。チラシやネットに目を凝らし、満足度をそれなりに得ています。いっぽう数千万単位であれば、誰でも慎重に慎重に行動するでしょう。
ところが、1万円から100万円単位のお金の使い方がなんとも下手なのです。これがうまく使えていないから、幸福感が台無しになっている。結果、孤独感を克服することができない。私はそう考えています。(p.25)

読書メモ

2015年6月刊。
お金の上手な使い方をアドバイスする本。

調査によると、先進国の中で日本人の幸福度は最下位なのだそうだ。

著者の言う「中くらいの幸せ」とは、自分の夢を実現した時に得られるような「大きな幸せ」と、日常生活の中で得られるような「小さな幸せ」の間にあるもの。

「大きな幸せ」や「小さな幸せ」はお金とは無縁だが、「中くらいの幸せ」はお金をうまく使うことでもっと幸福感を大きくできると著者は言う。

自分は「幸せを買う」という言葉は好きではないが、「時間や手間をお金で買う」というのは同感。
お金は貯めるだけじゃなくて、適材適所に使っていくことでこそ活きてくる。


引用メモ

私はこう考えています。
「幸せには3つの種類がある。"大きな幸せ" も "小さな幸せ" もお金とは無縁だが、"中くらいの幸せ" をゲットするには、お金の使い方がカギになる」(p.13)
日本人は亡くなる時、平均3000万円もの資産を残しているそうです。お金を天国に持っていくことはできないのに。(p.26)
将来のリスクに対して、すべてお金でなんとかしようと思ってはいけない、と私は思います。お金だけで回避しようとしても、絶対に足りなくなりますから。 しかも、そのお金を準備していくプロセスで、日々の幸せを大きく毀損してしまう可能性だってあるのです。未来のお金の不安は、「一生働けるスキルや生活できるコミュニティを手に入れる」ことでこそカバーすべきだと思います。(p.27)
何を外注して、何を自分でやるのか。
そこにこそ人生の美学が表れるんです。クリーニングもそうですし、掃除もそう。お願いしてみたら、こんなに余裕ができるのかと感心するかもしれません。プロに委ねれば、自分の時間にゆとりができる。
そう考えると、何でも自分でやろうとして時間貧乏になるということこそ、最も避けないといけないことです。(p.106)
いま一度、断言したいと思うのです。
これからのお金は、「物語」を生み出すことに投じたほうがいいことを。どれだけ「物語」を増殖させ、どれだけ人との絆を豊かにできるのか。これがあなたの「中くらいの幸せ」感を決定します。(p.230)
最後に「お金とは何か」について、私の見解をシンプルに語っておこうと思います。
お金とは「ありがとうのしるし」です。だから、ありがとうを言ってもらえる場所にこそ使ったほうがいいし、使うべきです。それが、最もお金が喜んでくれる、お金の使い方です。そのことを忘れないでください。
「ありがとう」を言ってもらえる場所に使われたお金は、「物語」を生み、絆を増殖させます。こうして「ありがとう」が循環していくことになるのです。(p.235)

(太字は引用者による)

中くらいの幸せはお金で買える (単行本)

藤原 和博 筑摩書房 2015-06-25
売り上げランキング : 20864
by ヨメレバ


読書メモ

2015年5月刊。タイトルがちょっと鼻につくけど我慢。
著者は『日経トレンディ』の元編集長で、20年以上もの間、飲食店や旅館などの取材や覆面チェックをしてきた人。

マナーを知ることで、いいお店といい関係を築き、いい時間を過ごす。
仕事のできる、できないは、とりあえず横に置いておいていいんじゃないかな。


引用メモ

常連客というのは、店にわがままを聞いてもらう夜もあれば、店のわがままを聞く夜もあるということです。(p.4)
「いいじゃないですか、10分くらい早く入っても。私たち、お客なんですから」(中略)
君だって、会議の開始時刻10分前に、いきなり『いまから会議を始めちゃおう』と告げられたら困るだろ。その10分の間にこなそうと、なにか目算を立てていたりするケースもあるはずだ」(p.28)
ひとつ言えることは、自身にとって、どんな流儀の一軒が好みなのか、なぜそうした流儀の一軒を求めるのか、を考えておくといいかと思います。(中略)
「どうあるべきか」「どうあってほしいか」を踏まえたうえで、ホテルや宿、そして料理屋をめぐるほうが、行きつけにしたい店がより明確になるからです。(p.33)
「引き戸はね、右の戸のほうに手をかけて、左に開けるのが正しいんだよ」(p.38)
店や宿の思いを形にしてもらうためには、私たちも、ひと手間かける必要があります。(中略)
可能な限りの情報を店や宿に伝える、ということ、それだけです。(p.80)
行きつけの店の場合、最初に自分から名乗ります。(中略)これはなぜか。
常連客と一見の客を区別しない、というのは店にとって建前であることが少なくありません。一見の客を冷たくあしらう、という意味では決してなくて、常連客の頼みごとであったなら、多少無理してでも受け入れよう、ということです。(p.123)
「仕事のできる人は、どうして店や宿での所作が美しいのか」(中略)
その答えを、まず簡単に表現してしまいます。
仕事のできる人というのは、相手との呼吸を合わせるのがうまい人でもあるということなのです。(中略)
呼吸を合わせるのがうまければ、自分の意志や意図を、絶妙の間合いで相手に伝え、受け入れてもらいやすくなります。(p.156)
仕事ができる人というのは、間合いの取り方がうまい人であると思います。必要な場面で、必要なことを言い、余計なことは言わない。(p.163)

仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント

北村 森 朝日新聞出版 2015-05-20
売り上げランキング : 7542
by ヨメレバ

力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

  • 作者:古川武士
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2014-11-20

読書メモ

2014年11月刊。
キーフレーズは「完璧主義をやめる」

「完璧主義(すべてに全力投球)」ではなく「最善主義(メリハリ)」に。
自分は明らかに前者のタイプなので、耳が痛い。

そんな中、今の職場のチームには後者のタイプが多くて、日々、気づきを与えてもらっている。

何事もバランスが大事。
そのときどきに応じて、どちらにウェイトを置くかを見極めるのも大事。


引用メモ

完璧主義の人は、がんばり屋ですべてに全力投球しますが、長時間働く割に生産性が低い傾向があります。一方、上手に力を抜く人は、一気に集中して短時間で時間を済ませようとします。(p.39)
完璧主義の人は、きちんと丁寧に仕上げて出そうとします。これ自体が悪いわけではありませんが、スピード対応されたほうが喜ばれることも多いのです。(p.45)
上手に力を抜く人は、限られた時間で相手の要望を最大限満たすために、時間や人、エネルギーをいちばん効率的に使おうとするからです。そのために、戦略的に切り捨てたり、諦めたり、ハードルを下げたりと当初の予定を柔軟に変えていきます。(p.94)
特に完璧主義の人は、プロセスをきちんとしないと気が済まない人が多いので、本来の目的にかなっているかどうか、立ち返ってみることが重要です。(p.106)
相手のニーズからスタートしていない仕事は、どんなに時間をかけてがんばってもツボを外しているので効果は出ません。逆にニーズを明確にとらえている人は効果的な仕事ができるのです。(p.111)
モグラたたき思考でリスクに取り組むと、視野が狭くなり、すべてに同じ労力でリスク対処をするため、疲弊します。 たとえば、資料作成で、誤字脱字チェックに頭がいき過ぎて相手にとって重要な内容が漏れていることに気づかないといったことです。(p.165)
小さなリスクは、他人に任せたり、チェックリストをつくるなど仕組みやツールで解消する方法が重要です。労力の少ない対策を考えてみてください。(p.167)
完璧主義から最善主義に移行できると、自分が楽になるだけでなく、相手にも寛容になれます。他人にイライラしたり、責めたりすることが少なくなります。(p.212)
完璧主義の人にとって人に任せることは克服すべき大きな課題でしょう。(中略) 高い成果を上げるためには他人に任せて、より価値の高い仕事に集中していかなければなりません。(p.229)

(太字は引用者による)

力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

古川武士 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-11-20
売り上げランキング : 8963
by ヨメレバ

4

読書メモ

2015年6月刊。断捨離本。

著者のように、最小限のモノしか持たない「ミニマリスト」(最小限主義者)という生き方は極端だとしても、「とにかくモノを減らす」ということのメリットは、十分に伝わった。
繰り返し出てくる「人は5万年前のハードウェアである」というフレーズが印象的。

「代理オークションサービス」というものがあったとは知らなかった。
落札代金から手数料は引かれるけど、手間いらず。これ、いいかも。


引用メモ

宿泊先の旅館に到着し、畳に寝転がったときの心地よさ。旅館の部屋はキレイで、モノも少ない。いつもぼくたちを煩わせている余計なモノがない。だから旅館は心地がよいのだ。(p.35)
捨てるときに、捨てて失うモノのことだけを考えるのではなく、捨てることで得られることに目を向けよう。(p.102)
いきなり捨てられなくてもいい。まずは、捨てられない理由を明らかにすることだ。(p.103)
ホコリは何度払っても溜まっていく嫌なものでもあるが、捨てるべきモノを教えてくれるサインでもある。ホコリが溜まっているモノは、必ず使っていない。(p.110)
モノを捨てることと、モノにまつわる思い出を捨てることはまったく別のこと。それがわかっていてもなかなか捨てられない、人の優しさだと思う。写真を手がかりにすれば、思い出はすぐに蘇らせることができる。(p.113)
家電を買うとついてくる、たくさんの付属品。掃除機についてきた一度も使っていないアタッチメント。よくわからないネジ。(中略)何に接続するのかも不明なケーブル類。今になって思うと、こういったモノを「いつか」必要になったときにちゃんと使えた試しがない。(p.119)
ぼくが使ったのは「Quick Do(クイックドゥ)」という代理オークションサービス。(中略)落札代金から手数料はかかるがめんどうな出品作業や、発送のやりとりなどはない。オークションの様子を見られるもの楽しい。すぐにまとめて手放せる代理オークションはとても便利だ。
(p.126 代理オークションサービスを利用して、すぐに手放す)
四角大輔さんの著作で紹介されていた「店を倉庫だと考える」発想はストックを減らすのに大変役立つアイデアだ。お店はあなたがモノを必要とするときのために、わざわざ在庫を置く場所を確保し、丁寧に管理してくれている倉庫。(p.130)
ぼくはめんどくさがりな「性格」ではなかったのだろうか? 変わったのはぼくの性格ではない。ただモノの数が減っただけだ。モノの数が減って、家事が簡単になったのだ。(p.187)
欲しいモノが特にない。これは、本当に最高の気分だ。(p.204)

関連サイト

150801 QuickDo
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

佐々木 典士 ワニブックス 2015-06-12
売り上げランキング : 457
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ