この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

タグ:タレント本


読書メモ

2015年8月刊。
日本経済新聞に1ヶ月間連載された「私の履歴書」をまとめた、欽ちゃんの自叙伝。

苦労した下積み時代から、テレビでの絶頂期、そして73歳で入学した大学生活。
読みやすい文章でスルスルと読める。優しさがにじみ出ているような語り口。

後半の書き下ろしの、大学生活の話がよかった。
入学の理由のひとつは「新しいものをつくりだす武器になるはず」。
まだまだ現役。


引用メモ

僕はあんまり謙虚な人間ではない。そんな僕を叱りつけ、励まし、助けてくれた人たちが大勢いる。この本で改めて気がついたけれど、世の中恩人だらけだ。(p.4)
(長男の)一童は浪人中、「大学を出て銀行に勤めたい」と言うので、僕は「大学に行って無駄だったな、と思うような仕事しなよ」と助言した。しばらくすると、「俺、大学行かないで弁当屋で働くよ」。「それ、最高だね」と僕は褒めた。弁当屋さんで汗をかきながら人間や社会を見るんだ。
「なんでそうなるの!!」と(妻の)澄子さんはあきれ返った。「あんたの影響で3人ともわけのわかんない人生送っているじゃないの!」と怒ってる。(p.167)
(大学生活について)付け焼き刃じゃない本物の教養を身につけたい、そんな気持ちも強くありました。教養は簡単に自分のものになるわけではないけれど、「挑戦してみよう」と考えた。それが新しいものをつくり出す武器になるはずなんだ、と思っている。(p.173)
「講義を疑うことが大事ですよ。自分で本を読んだり考えたりして、意見をどんどん言ってください。それが大学で学ぶということなんです」。教授のこの言葉に感動した。(p.184)
ダメなやつほどダメじゃない ―私の履歴書

萩本 欽一 日本経済新聞出版社 2015-08-20
売り上げランキング : 75254
by ヨメレバ


この本、この行

若い皆さん、老眼というのはある日突然やって来るのです。(p.12)

読書メモ

2015年8月刊。15年目に突入した、朝日新聞の連載エッセイ。
本巻の掲載期間は、2013年8月から、2014年10月まで。

前巻では、愛犬が亡くなったり、新しい奥さんが来たりいろいろあったけど、今回はプライベートは穏やかな期間だったみたい。

100分間のワンシーンワンカット(長回し)の『大空港2013』、観たい。

かみさんは、この本を読んで、老眼鏡 リーディンググラスを買いに行く決心をした。


引用メモ

本来自分は一脚本家である。既に決まった企画を受けて、プロデューサーの意向に従ってホンを書く。それが僕の仕事のやり方だったはず。(p.33)
「フラ」というのは、舞台用語と言っていいのだろうか、落語家や喜劇俳優がよく使う言葉。ステージに出た瞬間、お客さんがなんだか笑ってしまう、そんな「雰囲気」のこと。それは技術でどうにかなるものではなく、持って生まれたものだ。(p.72)
僕は、自分で演出をするようになってから、取材で「役者の新しい一面を引き出すのがうまいですね」と言われることがある。とんでもない話だ。新しい一面なんか、どうすれば発見出来るのか、僕にはさっぱり分からない。(p.115)
我ながら、唖然となる。僕はこの14年間、一体何をしてきたのだ。脂が乗ったはずの40代を、自分は無駄に過ごしてきたのではないか。依然として、プロフィルに載る代表作は、舞台は「笑の大学」、ドラマは「王様のレストラン」、映画は「ラヂオの時間」。すべて、この連載が始まる前に作ったもの。なんということだ。
これだから、過去を振り返るのは嫌なのだ。たまに振り返ると、こんな感じになる。(p.130)
18年前とは違い、今の僕は分かっている。長年の経験で得た知恵がある。ここまで大きな壁ではなかったけど、これまでだって、何度も壁にはぶつかってきた。だが、壁というものは、ゴールの近くにあるものなのである。だから、壁にブチ当たった時は、「ようやくここまで来たぞ」と、むしろ喜ぶべきなのだ。(p.182)
三谷幸喜のありふれた生活13 仕事の虫

三谷幸喜 朝日新聞出版 2015-08-20
売り上げランキング : 4514
by ヨメレバ

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

  • 作者:大泉 洋
  • 出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2015-04-25

読書メモ

2013年刊。2015年4月文庫化。
1997年(24歳)〜2005年の連載エッセイと、2013年, 2015年(40歳)の描き下ろしエッセイ。
後半の描き下ろしが面白かった。『水曜どうでしょう』の自己分析も。

引用メモ

私はあの番組(『水曜どうでしょう』)には唯一他の番組がやったことのない、独自の新しい手法があると思っている。それは「カメラが演者を撮らない」という手法だ。これは日本のバラエティー史上に残る発明的手法だと思う。(p.328)
一つの作品を作れば、大量の宣伝をしなくてはならない。テレビ、雑誌、ラジオ、ネット媒体、様々なものに露出して宣伝しないと、今の時代、ドラマにしても映画にしても、多くの人に観てもらうことはできないのだ。(中略) その結果、私の「ローカルタレント感」はかなり薄れてしまったかもしれない。(p.352)
実際、私の北海道のレギュラー番組は十年前からほとんど変わっていない。北海道での活動に大きな変化はないのだ。変わったのは、役者の仕事が増えたということなのだ。さらに訳者の仕事はバラエティーに比べると、圧倒的に時間がかかるのである。そりゃそうだ。映画なんかになれば、1日で4、5分の映像しか撮れない、なんてことはざらにある。 だから、東京にいる時間が必然的に増えてしまうのだ。(p.352)

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

大泉 洋 KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-04-25
売り上げランキング : 1403
by ヨメレバ


読書メモ

2014年11月発行。ソロ活動から20年を語る奥田民生。
意外にも文字ばかりで、真面目な内容。
しかもかなりのボリューム。でも読みやすい。

インタビュー形式ではなく、気取らない独白調な文章なのがまたいい。
ユニコーン解散から今までの出来事を丁寧に振り返りながら、淡々と語っていく。

『イージュー★ライダー』はホントいい曲ですよねー。

『すばらしい日々』でユニコーンを知って、「このバンドいいじゃん!」と思った矢先に解散してしまったという、学生時代の出来事を思い出した。


引用メモ

よく「マイペースですよね」って言われるんですが、自分では全然、マイペースだとは思ってなくて。(中略)
呑気に見えるってだけでしょ。それって、絶対顔ですよ(笑)。THE BOOM の宮沢(和史)みたいな顔は呑気に見えないもん。(p.77)
広島で生まれ育ったのはけっこう大きいんじゃないのかな。アンチ巨人というか、王道じゃないものが好きだったりする性格もたぶん、広島で培われている気がする。(中略)海も山も近いのはいいよね。しかもどれも小じんまりとしている。海も太平洋じゃなくて瀬戸内海だし、山もそんなに高くない。その手頃な感じがいい。(p.149)
僕はスポーツはいろいろ好きなんだけど、野球が一番スポーツらしくない気がする。他のモノはだいたいもっと動き回っているじゃない? しかもあんなに一人ずつに無理矢理スポットを当てるスポーツもない。1番、2番、3番って一人ずつ、一応役割を担ってて、はいどうぞ、はい次って、なんか不思議なスポーツだなと思う。(p.202)

ラーメン カレー ミュージック (別冊カドカワの本)

奥田 民生 KADOKAWA/角川マガジンズ 2014-10-21
売り上げランキング : 16353
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ