この本この行

個人的には、社会が許容できる範囲を示すのが規制だと思うんですよ。車の制限速度で考えてみてください。本当に人にリスクがないスピードだと5〜10km/hが精一杯。でも、それじゃあ、物流に支障をきたしますし、社会が成り立たない。そのために社会が許容できる線引きをするのが規制なんです。(p.121)

読書メモ

2015年7月刊。
例の「首相官邸落下事件」の後に書かれた、ドローン(小型無人飛行機)の今。
ドローンを使った犯罪の可能性について、多くのページを割いて検証されているのが印象的。

海外では、すでにドローンを積極的に使っている国も実際に存在している。
新しいテクノロジー対して「危ないからダメ」ばかりじゃなくて、「うまく活用していくには、どうしたらいいだろう?」という視点を持ちたい。


引用メモ

「ドローンはロボットと人間の共生の第一幕を開く」
「ドローンの未来に必要なのは世論の同意」
本書を手に取ってくれた方々が本を閉じる際に、このふたつの論点について少しでも同意していただければ幸いだ。(p.8 はじめに)
カナダはドローンに対する規制やルール作りを早くから行なってきた国家だ。2008年にはすでに、35kg以下の機体のルール作りが完成。すでに1000社が認証され、合法的に空を飛び、発電所や送電線の監視にドローンが実用化されてきた。(p.64)
その活用における自由度の高さは、ドローンの活動領域が空中にあるということはもちろん、さまざまなペイロード(搭載物)を組み合わせられるところにあるだろう。カメラを搭載すれば空撮機に、商品を搭載すれば配送機にと、ドローンはペイロードによって多様な姿に変貌する。(p.84)
ドローンをはじめロボットや最新テクノロジーを実用化しようとすると、必ずふたつの問題が持ち上がる。
ひとつは、安全性の問題。(中略)
そして、もうひとつの問題が、人間と共生できるか否かという問題である。(p.102)
最初からルールを軽視している者にとって、それを「守る」か「破る」かの判断基準は、自分にとって「損」か「得」かというものでしかない。
そういう者に対しては結局のところ、協力は反撃体制で備えるか、厳罰をもって臨むしかないだろう。 しかし世の中には、「ルールがあるなら、守らなければならない」と考える人の方がより多く存在しているはずだ。そういう人々に向けて、多くが納得できるルール作りをすることは、ドローンの安全な運用と普及を図る上で、とても重要になってくる。(p.164)
ドローンの衝撃 (扶桑社新書)

河 鐘基 扶桑社 2015-07-02
売り上げランキング : 109811
by ヨメレバ