この本、この行

若い皆さん、老眼というのはある日突然やって来るのです。(p.12)

読書メモ

2015年8月刊。15年目に突入した、朝日新聞の連載エッセイ。
本巻の掲載期間は、2013年8月から、2014年10月まで。

前巻では、愛犬が亡くなったり、新しい奥さんが来たりいろいろあったけど、今回はプライベートは穏やかな期間だったみたい。

100分間のワンシーンワンカット(長回し)の『大空港2013』、観たい。

かみさんは、この本を読んで、老眼鏡 リーディンググラスを買いに行く決心をした。


引用メモ

本来自分は一脚本家である。既に決まった企画を受けて、プロデューサーの意向に従ってホンを書く。それが僕の仕事のやり方だったはず。(p.33)
「フラ」というのは、舞台用語と言っていいのだろうか、落語家や喜劇俳優がよく使う言葉。ステージに出た瞬間、お客さんがなんだか笑ってしまう、そんな「雰囲気」のこと。それは技術でどうにかなるものではなく、持って生まれたものだ。(p.72)
僕は、自分で演出をするようになってから、取材で「役者の新しい一面を引き出すのがうまいですね」と言われることがある。とんでもない話だ。新しい一面なんか、どうすれば発見出来るのか、僕にはさっぱり分からない。(p.115)
我ながら、唖然となる。僕はこの14年間、一体何をしてきたのだ。脂が乗ったはずの40代を、自分は無駄に過ごしてきたのではないか。依然として、プロフィルに載る代表作は、舞台は「笑の大学」、ドラマは「王様のレストラン」、映画は「ラヂオの時間」。すべて、この連載が始まる前に作ったもの。なんということだ。
これだから、過去を振り返るのは嫌なのだ。たまに振り返ると、こんな感じになる。(p.130)
18年前とは違い、今の僕は分かっている。長年の経験で得た知恵がある。ここまで大きな壁ではなかったけど、これまでだって、何度も壁にはぶつかってきた。だが、壁というものは、ゴールの近くにあるものなのである。だから、壁にブチ当たった時は、「ようやくここまで来たぞ」と、むしろ喜ぶべきなのだ。(p.182)
三谷幸喜のありふれた生活13 仕事の虫

三谷幸喜 朝日新聞出版 2015-08-20
売り上げランキング : 4514
by ヨメレバ