この本この行: 読書メモと引用メモ


書評未満。読書感想文未満。
読んだ本のエッセンスと引用を、コンパクトに書き留めています。読書のきっかけになれば幸いです。
図書館の蔵書検索には「カーリル」がおすすめ。

タグ:商品開発


読書メモ

2015年3月刊。
長年愛され続けている定番の家庭用アイスクリーム13種類の商品開発物語。

自分が好んで食べているアイスの話は、ところどころ面白い。

20〜30年続いている商品が多かった。
カリカリの三角コーンが特徴の「ヨーロピアンシュガーコーン」(クラシエ)、コーンの内側に吸湿防止のチョコレートコーティングが施されているとは知らなかった!


引用メモ

アイスクリームは、アイスクリームミックスと空気を混ぜることで、冷たく凍っているのにソフトでなめらかな口あたりが生まれる。アイスクリームミックスに同体積の空気を1対1の割合で混ぜ合わせた場合のオーバーラン(空気の混合割合)は100%となる。アイスクリームの一般的なオーバーランが60〜100%なのに対して、ハーゲンダッツは20〜30%。一般に低いとされているものより、さらに低い。それだけ濃厚な、重みのある味となる。(p.88)
高級ブランド、人気ブランドという言葉をよく耳にするが、「ブランド」はもともと、牛などの家畜に焼印を押すことが語源。家畜を見分けるための目印である。そこから自社の商品やサービスを他社のものと区別するための名称、イメージなどを言うよりになり、いまや消費者の評価の尺度にもなっている。(p.120)

変革のアイスクリーム---「V字回復」を生んだ13社のブランドストーリーに学ぶ

新井 範子 ダイヤモンド社 2015-03-20
売り上げランキング : 297114
by ヨメレバ

サントリー対キリン

サントリー対キリン

  • 作者:永井 隆
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014-11-22

読書メモ

2014年11月刊。
キリンとサントリー、両社の特徴と戦略の比較。
両社の歴史を振り返りながら、それぞれの過去と現在の立ち位置、そしてこれからの戦略が丁寧に語られている。

私も大好きなビール「ハートランド」(キリン)は、元々は同名のビアホールのみで提供されていたものだったとは。

中でも興味深かったのは、以下の2点。

  • ビール類の税金の高さ
  • キリンビバレッジ社長 佐藤章 さんのリーダー論

ビール類の税金の高さは、今まであまり意識したことがなかったけど、他の国に比べて日本のビール税は高いそうだ。
350ml 缶で、約3分の1は税金なのだとか。高いなあ。
最近、各社が「第3のビール」から、高い「ビール」に回帰しているのも、このビールの高い税率が背景にあるとのこと。


引用メモ

世界のなかでも日本のビールの税金が高いのは、戦費調達という歴史的な役割があったためだ。戦後となり、戦費調達の必要性はなくなったのに、高額なビール税だけはなぜか残っている。(p.99)
一番搾りをコアとする強化策への転換の背景には、増税の動きがある。 キリンが強みをもつ家庭用の発泡酒と第3のビールは酒税が低い。350ミリリットル缶で比較すると、ビールは77円、発泡酒は47円、第3のビールは28円だ(14年11月現在)。(p.192)
財務省は、ビール類の3つ、および(中略)アルコール飲料の税率を、将来はひとつにしていく考えをもっている。ビール類ならば、ビールは下げ、第3は上げるという方向だ。(キリンはビールの比率が他社よりも低いため)税制改正が実行されてしまうと、キリンは不利になる。(p.193)

サントリー対キリン

永井 隆 日本経済新聞出版社 2014-11-22
売り上げランキング : 15212
by ヨメレバ

↑このページのトップヘ