田んぼアートのキセキ

田んぼアートのキセキ

  • 作者:葛西 幸男
  • 出版社:主婦と生活社
  • 発売日: 2015-07-17

読書メモ

2015年7月刊。
舞台は「田んぼアート」の村、青森県の田舎館(いなかだて)村。
著者は、ここの副村長さん。

冒頭のカラー写真集が楽しい。
10種類の稲を使って、アートを表現しているのだそう。

田んぼアートの完成度は、遠近法を取り入れる前と後で段違い。
現在は、真上ではなく、ななめ横(展望台)から見たときにキレイに見えるように、計算して作られている。

田んぼアートの見学者は、年間で数万人も来るとのこと。
そんなに人気だったとは知らなかった。


引用メモ

「富士山と羽衣伝説」は10種類の稲で表現した絵柄。(p.25)
ひと口に「稲で文字を描く」と言っても、実際にやるとなると簡単ではありません。
現在では田んぼアートの作図はパソコン上で作製し、役場の職員が測量を行って、図面を田んぼ上に落とし込んでいきます。(p.36)
現代の稲作に欠かせない存在といえるのが、種もみを発芽させ、田植えのできる大きさまで育てる「育苗農家」の存在です。苗の生育には水の与え方や温度管理など、デリケートな作業が求められるため、ハウス内で行われます。(p.102)
紫色の稲は研究所では同じ水田に違う品種の苗を植える際の、境目に目印として植える品種として、使用していました。
品種の境目はテープを張って区別する方法もありますが、稲穂が風に揺れて混じってしまうこともあるのです。それをハッキリと区別するためには一定の幅で、境目に色のついた稲を植えたほうが分かりやすいんです。(p.147)

(太字は引用者による)


関連リンク

田んぼアートの村 | 田舎館村
青森県田舎館村のホームページ


田んぼアートのキセキ

葛西 幸男 主婦と生活社 2015-07-17
売り上げランキング : 356849
by ヨメレバ